ニーハオTaiwan

台湾現地妻による台湾情報ブログ

注意!台湾でプラスチックストローの規制が始まります!

欧米ではもう導入されているようですが、台湾でも今年2019年7月1日から使い捨てストローの規制が始まります。最初は内用(イートイン)に限って制限されるそうですが、1年以内に外帶(テイクアウト)も対象になります。

 

プラスチックストローについて

 

f:id:UB610:20190502164200j:plain

台湾でプラスチックストローが廃止になるということ

外食文化が根付いている台湾。朝食の豆乳、ブレイクタイムのドリンク、夜市のドリンクなど、台湾での生活の中でプラスチックストローがない生活は正直想像がつきません。

一日のプラスチックストロー消費量は台湾人だけで一日800萬本にも及ぶそうです。台湾での海洋ごみのついていえば、1位のペットボトル、2位のプラスチック製のふたに続いて第3位がストローだそうです。これは、プラスチックの袋やドリンクのコップよりも多いそうです。(今日新聞より翻訳)

 

f:id:UB610:20190502164311j:plain

 

 逆に考えるとプラスチックストローが廃止されることでそれだけ多くのプラスチックごみが減らせるということは、これからの環境を考えると必要なことであることがわかります。

 プラスチックストローが便利なことが間違いありませんが、これからの地球環境を考えると今できることをしていかなければなりませんね。

 

私はまだ代替の方法を考えていないので、調べてブログにしながら自分がどのストローを購入すべきか考えてみたいと思います 

 

プラスチックストローの代わりになる物と方法

 

コップから直接飲む

もうストローがないので、コップから直接飲むという方法もありですね。もしかしたら大多数の人がこの方法をとるのかもしれません。

 

プラスチックのふた付きの容器

 

f:id:UB610:20190502171333j:image

ストローは形や大きさゆえにリサイクルができないようです。よくマクドナルドのコーヒーなどに使われている蓋であればリサイクルできるようなので、もしかしたら多くの店がプラスチックストローを廃止し、蓋つきカップに変更していくかもしれませね。しかし、海洋ごみの第二位がプラスチック製の蓋であることを考えるとあまりいい解決策とはいえないような気がします。

 

紙製のストロー

「使い捨て」で代わりになるのは紙製のストローだと思います。私も紙製のストローを使ったことがあるのですが、紙製となると時間がたつとふやけてしまったり、口に入れたときに「紙」という感じがして違和感がありました。その違和感はこれから慣れていくんだと思います。耐久性の部分についてもこれから改善されていくものだと思います。これを買って持ち歩くというのもありかなと考えています。

 

 

 

 

ステンレスストロー

私が一番魅力を感じているのはステンレスストローです。インターネット上ではブラシ付きのステンレスストローが1本100円~200円程度で購入できます。ステンレスはアルミと比較して人体への影響が少なく、ガラスに比べて安全なので、ステンレスストローが便利かと考えています。

 

 

  ステンレスだと曲がらないという欠点があるなか、シリコンであれば曲げても飲めるという点では便利です。 そういえば子供が赤ちゃん時代に使っていた吸い飲みのストローはシリコンでした。多少かんだりしても壊れなかったので、シリコンもよさそうです。
 
 

 
 
竹製ストロー
木製の箸を繰り返し使う様に、竹製のストローもいいと思っています。ブラシを使って洗浄すれば衛生面も問題ないかと思います。 
 
 

 
 
 

タピオカミルクティーをどうやって飲むか問題

もはや台湾の代名詞と言っても過言ではないタピオカミルクティー。タピオカを飲むには太い専用のストローが必要でした。使い捨てストローが廃止になったあと、タピオカミルクティーを飲むにはどうしたらいいか。という議論が台湾のニュースで話題になったりもしました。台湾の環境庁の職員が「スプーンで食べればいい」なんてナンセンス発言をしたんですよね。
 
ところが!!心配ありませんでした。
タピオカミルクティーも飲めるステンレス性のストローがすでにアマゾンには売っていました。 
 
 

 
 

これは愛玉を飲むにもよさそうなので、購入しようと思います。

 
 
ブログを書きながらどのストローを購入しようかと考えていたのですが、わたしはまずステンレスストローとシリコンストローを購入したいと思います。これからはエコバッグのようにマイストローを持ち歩く時代になりそうですね。