ニーハオTaiwan

台湾現地妻による台湾情報ブログ

MENU

中国語:糕の使い方

こんにちはUBです。

 

今日は最近なるほど。と思った中国語の話を書きたいと思います。しょうもないことなのですが、私的には大きな発見でした。

 

先日小旅行に行き、黒糖でできた蒸しパン「黒糖糕(ヘイタンガオ)」を買ったのです。

ちなみにこの黒糖蒸しパン、もちもち(いわゆるQQです)して素朴でおいしいのでおすすめです。

 

話は戻って、これを家族と話すとき、私は「黒蛋糕?(ヘイダンガオ)」え、「黒糖蛋糕?」(ヘイタンダンガオ)と混乱しました。

 

すると主人に、黒糖糕には蛋(卵)は入っていないから「蛋糕」にはならないと教わりました。

 

なるほど。とすっとしました。それと同時にそんなに厳密にわけているのか。と驚きでもありました。

 

「糕」 という意味を調べてみると

糕 ㄍㄠ gāo 米 部 + 10 畫 = 16 畫

米粉或麵粉蒸烤而成的點心。如:「米糕」、「蛋糕」、「年糕」、「綠豆糕」。

糕 - 教育百科より

「糕」には米粉や小麦粉で作った料理のこと。とあります。

 

もち米の炊き込みご飯 「米糕」、卵を使った「蛋糕」、大根を使った「蘿蔔糕」など材料と糕を組み合わせて料理を表現します。

 

ケーキの訳は「蛋糕」で間違いないですが、厳密には卵と小麦粉をつかっていなければ「蛋糕」ではないということです。

 

ですから、黒糖糕を日本語に訳すとき、私の頭では「黒糖ケーキ」と翻訳していたので混乱しましたが「黒糖ケーキ」ではなく、「黒糖蒸しパン」したほうが正しいのかと思います。

 

そんな気づきでした。

 

日々勉強です。