ニーハオTaiwan

台湾現地妻による台湾情報ブログ

MENU

台湾と日本のテストと挙手でのちょっとした違い

こんにちはUBです。

 

今日は来週の連休のための補班・補課の日です。

今日は未だに慣れない台湾と日本のちょっとした違いをつぶやきのように書いてみたいと思います。

 

 

台湾と日本のテストの採点でのちょっとした違い

 

f:id:UB610:20200925120325j:plain

 

 

このテストは子供のテストなのですが、違和感はありますか?

日本では正解には〇、間違いには✖をつけますが、台湾では正解は✔、間違いは〇をつけます。

上の〇がついている部分が不正化だった部分です。見直しをして、正解になって青でチェックがついています。

 

子供の勉強を見てあげて、採点をしてあげるとき、私はついつい正解に〇をつけてしまって、「子供に間違いなの?」と言われてハッとします。

 

台湾のテストでは✔印だけで〇が一つもないのが100点満点のテスト用紙です

 

台湾と日本のテストの挙手でのちょっとした違い

 

子ども, 少年, 子, にこやか, 笑い, 幸せ, 陽気です, うれしそうな

 

日本で挙手をするときはもちろんパーですが、台湾はグーです。

なんてことない違いですが、自分の子供がグーで挙手しているとなんかむずむずっとしてしまいます。(私だけでしょうか…?)

 

例えば…

「一緒に遊ぶ人~??」「はーい」のくだりでの挙手ももちろんグーです。

ところ変われば文化も違います。

 

蛇足ですが、学校などで名前を呼ばれて日本語は「はい」と答えます。正式な中国語はおそらく「是」というのだと思いますが、それは大人の世界の話です。

 

学校で名前を呼ばれた時の返事は「よっ!」です。漢字だと「有 ㄧㄡˋ yòu」と書くようです。

 

名前を呼ばれてグーで挙手して「よっ」返事する子供たちを見ていると、「ああ、まぎれもなく台湾人だな~」とものすごく客観的に子供を見てしまい、自分が生粋の日本人だということを感じます。