ニーハオTaiwan

台湾現地妻による台湾情報ブログ

MENU

私の知っている台湾の寿司の話

こんにちはUBです。

 

今日は、台湾人と寿司の話をものすごく個人的な意見、狭い視野の見解を書いてみようと思います。

 

私の知っている台湾の寿司の話

f:id:UB610:20210111114829p:plain

 

 

台湾人は寿司を食べるか

こればかりは個人の好みの問題なので何とも言い難いですが、台湾人はお寿司や刺身が大好きな人も大勢います。逆に日本通の台湾の人の中には生ものが苦手な人も多くいます。

 

私の台湾人夫と義兄は生魚が大好きです。刺身、海鮮丼、寿司などは、むしろ私よりも好きだと思います。そんなわけで、日本通の台湾人はみんな寿司が好きなんだと思い込んでいましたが、最近その思い込みが間違いであると知りました。

私には台湾人夫をもつ日本人妻友達がいるのですが、その旦那さん達は生ものが苦手というのです!これはかなりの衝撃でした。みんながみんな刺身好きとは限らないのだと知りました。

 

そんなわけで、台湾人が寿司(生ものを食べるか)という問いの答えは、個人による。ということだと思います。

 

醤油とわさびつけすぎ案件

寿司, 設定, にぎり, マキ, 魚, 生, 鮭, 米, わさび

これはかなり個人的な思い込みなので、そんな人もいるんだと思ってください。

私の主人と義兄は、すしや刺身を食べるとき、これでもかというほどのワサビと醤油をつけます。わさびなんてつけすぎて、鼻がつーんとなりすぎていつもふがふがしながら刺身を食べ、もうそれは醤油を食べるために刺身を食べているのでは?と思うほど刺身を醤油に浸して食べています。

それも「文化の違い」として私はもう慣れましたが、日本人の寿司通の人が見たら衝撃を受ける光景かと思います。そんな台湾人もいるということです。

皆さんの身近な台湾人の方もこうでしょうか?家の人だけですかね?

 

台湾で使われる日本語

台湾中国語でワサビは「 芥末(jiè mo)」と言いますが、台湾語では「哇沙米」わさびー(ビというよりはミに近い発音でしょうか?)といいます。

刺身は台湾中国語では「生魚片(shēng yú piàn)」ですが台湾語では「沙西米」さしみ―といいます。

寿司は台湾中国語「壽司(shòu sī)」ですが、台湾語では「すしー」といいます。

こんな感じで、日本語で言っても通じることが多いです。台湾語のワサビやさしみの発音は全体的に語尾を伸ばす発音になっていると思います。

 

台北でお刺身、お寿司を食べるには?

台北でお刺身を手に入れるのはかなり容易です。いろいろな方法があります。

お刺身, 日本語, 原魚, 鮭, 新鮮, わさび, 刺身, 日本, 魚, グルメ

1、居酒屋、日本料理屋、で食べる

日本みたいに寿司やお刺身を食べたいのであれば、日本人の経営している居酒屋さんが一番だと思います。日本人板さんや日本で修業を積んだ板さんのいるお寿司屋さんというのもたくさんあります。(私は全く詳しくないので、詳しい情報を書けません)

 

2、台湾の市場、魚市場で購入する

台湾の市場でもお刺身を手に入れたり、新鮮な魚を食べることが出来ます。台湾人の切るお刺身はかなり分厚いです。

 

3、デパートのスーパーで買う

三越、SOGO、微風などの食品スーパーでは、日本のスーパーで買うようなお刺身やお寿司が購入できます。それなりにいい値段もしますが、新鮮でおいしいです。

 

4、回転寿司チェーンにいく

f:id:UB610:20210111124609j:plain

最近お寿司事情が劇的に変わったことと言えば台湾に日本の回転すしチェーン店がぞくぞくと進出していることです。大手だと、くら寿司、はま寿司、スシローなど店舗数もどんどん増えています。写真は台湾のはま寿司のお寿司です。

回転寿司が気軽に食べられるというのは個人的に海外生活においてかなりのストレス軽減要素になっています。お寿司が恋しくて日本に帰りたいと思うことはあまりなくなりました。

 

5、私のおすすめは上引水産

上引水産は高級日本料理店三井飲食グループが経営する鮮魚を中心としたスーパーです。日本酒やワイン、購入なお肉などいろいろな食材が他の店よりも安い値段で購入できます。水族館のレベルの巨大水槽にタラバガニやアワビなど生きたままの状態で購入も可能です。このスーパーで売っているお刺身、レストランで食べられるお寿司は、お得な値段で鮮度もよくおすすめです。私は生ものが恋しくなったときにいつもここにお刺身を買いに行っています。

鍋のお店、立ち食い寿司、炭火焼レストラン、海鮮レストランなどのレストランも充実しています。

 上引水産(写真はHPからお借りしました)

住所:台北市民族東路410巷2弄18號
電話:02-2508-1268

営業時間:06:00-24:00

 

 

日本風台湾の回転すしチェーン「争鮮」

f:id:UB610:20210111124637j:plain

私が台湾にきた10年前は、台湾には日本式の回転すしがほとんどなく、とても貴重でした。そんな中、日本風台湾の回転すしチェーン「争鮮」は、ありがたい存在でした。値段も30元均一で気軽にお寿司を味わえますが、台湾風で、どちらかというと生ものよりは火を通したネタの方が多く、生ものが苦手な台湾人と行っても安心なお店です。

今は日本の回転寿司チェーンが増えたので、生もののお寿司を食べたい場合にはおすすめしません。しかし、台湾風を味わいたい時にはおすすめです。

家では子供たちがあまり生ものが食べられないので、ときどき争鮮に行きたがります。

旗魚鬆というカジキのそぼろの海苔巻きがあったり、なぜかお稲荷にカシューナッツが載っていたり、微妙に日本、微妙に台湾ですが、庶民にはありがたい存在の回転寿司チェーンです。旗魚鬆

爭鮮迴轉壽司 | 爭鮮旗下品牌 Sushi Express Group

 

 

 

何の得にもならない情報かとは思いましたが、台湾とお寿司の情報でした。

お友達の旦那さんは生ものが苦手と知り、本当に衝撃をうけたのです。

いままで主人と出会ってから、海鮮丼や新鮮な魚介を求めて日本、台湾いろいろなところを旅しました。もしも主人が海鮮苦手な人だったら、結婚していただろうか…?とそんなところまで考えが及ぶほど衝撃を受けたのです。私は食いしん坊なので、主人と食の好みが違っていたらたぶん結婚していなかったと思います・・・。出会いって本当に不思議です。