ニーハオTaiwan

台湾現地妻による台湾情報ブログ

MENU

寿司を一回無料で食べるために改名する台湾人

こんにちはUBです。

 

スシローは台湾にも進出していて、こんなキャンペーンをしていました。

f:id:UB610:20210319123043j:plain

 

つまり、「鮭魚」という名前の人は無料、漢字は違っても「鮭魚」と同じ読み方の人は半額、名前に読みが同じ漢字が一文字入っていれば1割引きという企画です。

しかもこれは本人のみの割引ではなく、そのテーブルの人全員に適応されます。

 

台湾では名前を3回まで変えることができ、手続き費用は50元。その場で新しいIDカードが発行されるので、手続きはとても簡単です。運勢を変えたい人などが改名するというのを聞いたことがありますが、まさか寿司一回のために改名する人がいるとはスシローは思わなかったことでしょう…。

f:id:UB610:20210319123147j:plain

 

f:id:UB610:20210319124021j:plain

 

f:id:UB610:20210319160651j:plain

名前を変えてたらふく食べたら、くら寿司だったという人も…バカすぎる。笑わせてもらいました。



このニュースをみた子供がスシローに行って「鮭魚」を見たいというので、昨日スシローに行ってみたら、まだ夕方の5時半だというのにテーブル席はまさかの210分待ち…。陽気な若者グループがたくさんいて、きっと「鮭魚」に改名してきたんだろう。と思いました。(私は子供と二人カウンター席なので10分で食べられました)

f:id:UB610:20210319160514j:plain

f:id:UB610:20210319160537j:plain

 

この後ろに貼ってあるレシートは「鮭魚」のレシートで、子供によると13枚あったそうです。

 

f:id:UB610:20210319160749j:plain


ユーチューバーらしき人もいました。

 

ちょっとプライベートで落ち込む出来事があったのですが、この台湾人のバカバカしさ、後先考えないノー天気さに個人的にとても救われたのでした。

 

自分の子が寿司一回無料のために改名してきたら激怒しますけどね。