ニーハオTaiwan

台湾現地妻による台湾情報ブログ

MENU

おいしいバナナの産地。日本人にもゆかりのある土地高雄旗山をご紹介。

高雄の旗山という地区をご存知ですか?ここには親戚が住んでいるので、よく行くのですが、日本人にもゆかりのある地区なので、少しご紹介したいと思いました。日本人がほとんどいない(住んでいる方がいたらごめんなさい)、旗山の観光スポットをご紹介します。

 

 

バナナの産地:高雄・旗山地区

旗山ってどんなところ?

f:id:UB610:20190415112307p:plain

f:id:UB610:20190415112312p:plain

                  (画像はWikipediaより)

旗山は高雄市の真ん中あたりに位置する地区です。義大のある大樹地区と観光地にもなっている美濃地区の隣にあります。熱帯に属するので一年中暑い地域です。

旗山は日本統治時代にサトウキビを原料とした砂糖の生産で栄えました。日本統治時代にこの地区に多くの日本人が来ていたと思うとなんだか感慨深いものがあります。

現在は砂糖の工場そのものが閉鎖されていますが、砂糖の運搬に使われた鉄道の駅舎が博物館になっています。

旗山は中国語では(qí shān チーサン)と読みます。日本語では「はたやま」だと思っていたら、「きざん」と読むそうです。

 

旗山の観光スポット

旗山天后宮

f:id:UB610:20190415110635p:plain

1824年代に建てられ、媽祖が祭られているお寺です。旗山の守り神ですね。高雄氏の文化財にも指定されています。旗山を訪れる際にはお参りしたいお寺です。

 

このお寺の外には公衆のトイレがあり、田舎の公衆トイレにしてはきれいです。でもティッシュはないので、持参が必要です。

 

 

旗山車站

f:id:UB610:20190415110657p:plain

 

かつて砂糖を運ぶための列車が走っていた駅を博物館にした施設です。入場料は30元。中にはSL車両や以前の様子を展示したパネル、列車が走る様子を体験できるVR、アイスやお茶を飲める喫茶スペースなどがあります。施設はとても小さいので、見ごたえがあるかといったらないのですが、旗山を知りたいという方には興味深い施設だと思います。

f:id:UB610:20190415110711p:plain

f:id:UB610:20190415110705p:plain

f:id:UB610:20190415110730p:plain



 

旗山老街

旗山車站から続く通りは、1700年代から1800年代に建てられたバロック式建築の建物が並んで建っている旗山老街になっています。老街にはドリンクスタンドやお土産屋さん、果物やさんなどが並んでいて食べ歩きできます。

老街の最後には伝統市場があります。ここも個人的には面白い場所です。

 

f:id:UB610:20190415110724p:plain

 

f:id:UB610:20190415110619p:plain

 

中山公園

中山公園の中には孔子を祭った孔子廟があります。山を利用して作られている公園なので、結構階段がきついです。

 

旗山糖廠

旗山老街からは少し離れた場所になります。元あった砂糖工場は今は砂糖の生産はしておらず多角化経営の会社になっています。会社の一部が観光客に開放されていて、アイスクリームが販売されていたり、SLに乗れたりと遊べるスペースとなっています。なぜかダチョウが飼育されているので、ダチョウに会うこともできますよ。自由に遊べるスペースもあるので、子連れ旅行にはおすすめのスポットです。(でも暑いので注意です)

 

旗山の食べ物

旗山のフルーツ、特にバナナ

旗山はバナナの生産で有名な地域です。市場では必ずバナナが売っているのでもし旗山を訪れたら絶対にバナナを食べてほしいです。本当においしいので。そのほかにも熱帯地域なので、グァバやパイナップル、ミニトマトなども特別おいしいです。

f:id:UB610:20190415110651p:plain

f:id:UB610:20190415110610p:plain


 

枝仔氷城

f:id:UB610:20190415120912p:image

 

旗山と言えばここ店のアイスというほど有名な枝仔氷城です。バナナの乗ったパフェが有名です。高雄や台北に支店がありますが、旗山の本店ではパフェやアイスだけでなく火鍋などの食事類もあります。

 

f:id:UB610:20190415113520p:plain

 

 

 

宜芳小吃

f:id:UB610:20190415110813p:plain

老街の入り口にあるこのお店。旗山老街では一番有名なお店です。混ぜてしまったあとの写真で申し訳ないですが、ここの意麺は麺がつるつるでとってもおいしいです。

f:id:UB610:20190415110755p:plain

台湾の味に慣れている方は、スルメイカや紅粉腸をぜひ召し上がってみて下さい。この紅粉腸。台北で食べたときは「…」の味でしたが、台湾人曰く「この紅粉腸を食べに旗山にくるほどここのお店の紅粉腸はおいしい」のだとか。

f:id:UB610:20190415110747p:plain

台湾グルメをもっとディープに味わいたい方はぜひ注文してみて下さい。店内はクーラーが効いているので涼しく食事ができますが、人気のお店なので週末の食事時には混雑しています。(月曜定休です)

 

 

鮮緹手作工坊 手工蛋捲(バナナエッグロール)

中国語では「香蕉蛋捲」といいます。捲巻は甘いホットケーキのような味の生地をパリパリに焼いてくるんと巻いた台湾のお菓子ですが、旗山の蛋捲はそれがバナナ味になっています。素朴な味でおいしいですよ。ちょっとかさばりますがお土産にも向いています。天后宮への曲がり角にあります。
食べるときにぼろぼろになるので注意です。

 

アクセス

旗山には鉄道は通ってないので、バスかタクシーなどの車の利用になります。

バス

新幹線や鉄道の各駅から

高雄客運

旗美國道快捷公車:高鐵左營站-旗山-美濃

旗高旗六龜快線(E25):高雄車站-高鐵左營站-美濃-六龜站
高旗美濃快線(E28):高雄車站-美濃站
高旗甲仙快線(E32):高雄車站-甲仙站美國道快捷公車:高鐵左營站-旗山-美濃

※旗山のバスターミナル(旗山轉運站)から旗山老街までは10分程度です。

※各地からの詳しい時刻表などは高雄客運のホームページをごらんください。

義大客運

261:義大醫院-旗山轉運站

 

タクシー

バスが不安という方はタクシーの利用がおすすめです。

高雄市内からだと約800元~1000元

高鐵左營站(新幹線左営駅)までは約800元

義大からは600元程度です。

(道路の状況やルートにより変わるので目安にしてください)

※旗山付近にはタクシーはいないので、帰りや別の場所にもタクシーで行きたい場合は先にタクシーの運転手さんと時間待ち合わせ等相談しておくことをおすすめします。

 

自家用車

 

 

 今回は義大遊楽園(義大ロイヤルホテル)→旗山というコースの旅でした。

義大遊楽園へはこちらの記事

www.nihaotaiwan.net

 

義大のホテルはこちらの記事をご覧ください。

www.nihaotaiwan.net