ニーハオTaiwan

台湾現地妻による台湾情報ブログ

MENU

嘉義:和風の部屋がある桔子商旅 Orange Hotel

こんにちはUBです。

 

台南・嘉義の旅やっと2日目です(更新が遅すぎ)。今回泊まった部屋がよかったのでホテルをご紹介しようと思います。

 

台湾旅行で嘉義に行く場合、大半の人は阿里山目的で行くと思うのですが、嘉義市内、嘉義県にもいろいろ魅力的な観光スポットがあります。程よく店もあり、程よく田舎で台湾の中でもなかなか面白い街だといます。前回6月に日食を見に行った時も観光スポットを紹介しました。

www.nihaotaiwan.net

 

www.nihaotaiwan.net

 

嘉義:和風の部屋がある桔子商旅 Orange Hotel

今回は嘉義県にある梅山郷に行き、山を下りてきて嘉義市内にある「林聡明沙鍋魚頭」を食べに行きたかったので、嘉義市内中心部に宿泊しました。

 

ちなみに林聡明沙鍋魚頭とはこちらです。

www.nihaotaiwan.net

 

林聡明沙鍋魚頭がある地域は文化路夜市もあって、とても賑やかです。その夜市まで徒歩5分、繁華街からはちょっとだけ離れてにぎやかではあるけど外はうるさくない場所にあるのが桔子商旅 Orenge Hotelです。今回のホテルは立地と値段と部屋の感じで決めました。

 

家は4人家族なのですが、子供たちは普段キングサイズのベッドに私と一緒に寝ています(夫は別室です)。旅行に行っても私と寝たがります。小学1年生と3年生なので一緒に寝るにはダブルだともう狭いのです。しかし、キングサイズのベッドが2つある部屋というのはなかなかありません。あっても部屋代が高くなるので、そういうところには泊まりません。だから毎回ホテルで寝るとベッドが狭すぎて私だけ寝不足になるんですよね…。そんな事情があるので、ホテル選びはベッドの大きさを重要視しています。

 

このホテルはビジネスホテルですがなんと和風の4人部屋があります。(同じタイプの3人部屋もあります)子供がベッドから落ちるのが心配な場合もこのお部屋はいいと思いました。シャワールームには浴槽もあります。

f:id:UB610:20210505160558p:plain

ホテルのサイトでは定価8000元となっていますが、(時期にもよりますが)一部屋4000元(朝食付き)ほどで泊まれると思います。

 

義母は膝が悪く高齢なので、このタイプだと低すぎてだめ(立ち上がれない)なのですが、もちろん普通のベッドの部屋もあります。

 

f:id:UB610:20210505161302p:plainf:id:UB610:20210505161321p:plain

 

料金の安いバックパッカー用のお部屋もあります。

 

f:id:UB610:20210505161413p:plain

 (部屋の写真は公式サイトからお借りしています。)

お部屋は清潔で、おすすめできるホテルです。

ホテルの朝食はトーストやシリアル、ご飯とちょっとしたおかずというとても簡単なものでした。朝食は期待しない方がいいです。朝食も台湾風に楽しみたい人は外をふらっと歩いて外で購入するのがいいと思います。

 桔子商旅 Orange Hotel 基本情報

嘉義 文化店-Orange Hotel 桔子商旅

住所嘉義市西區文化路169號

電話:05‐216‐2323 予約専用:02‐2719‐2199

 

Hotels.comで予約する

 

agodaで予約する