ニーハオTaiwan

台湾現地妻による台湾情報ブログ

MENU

嘉義市:かなりおすすめ!林聡明砂鍋魚頭(林聰明沙鍋魚頭)

こんにちはUBです。

だいぶ時間が経ってしまいましたが、6月21日に金環日食があり、台湾では太陽の回帰線がある嘉義(ジャーイー)では完全な日食を見ることが出来ました。我が家の台湾人の夫は天体が好きで、かなり前からこの日食を楽しみにしていました。そして、次に台湾でみられるのは200年後?ということと、コロナウイルスの影響でしばらく泊りがけの旅行をしていなかったので、嘉義に一泊して日食を見る旅をしてきました。

 

日食がメインでしたので、大した観光はしていないのですが、3回か4回に分けて少し観光した地点をご紹介しようと思います。

 

嘉義市:林聡明砂鍋魚頭(林聰明沙鍋魚頭)

f:id:UB610:20200716114753j:plain

 

ここは本当に本当に、本当におすすめです。私は今のところ台湾一好きなスープかもしれません。

 

砂鍋魚頭とは

「砂鍋」というのは中国語で「土鍋」を指します。揚げた魚の頭と豆腐や油揚げ、白菜などの鍋の具材を土鍋で煮た料理を「砂鍋魚頭」といいいます。台湾の鍋料理の1つです。

 

林聰明沙鍋魚頭のスープ

f:id:UB610:20200716114816j:plain

林聰明沙鍋魚頭は3代にわたって受け継れた「砂鍋魚頭」をメインとしたレストランです。鍋の味付けに「沙茶醬」を使っていて、少しだけ辛みのある味付けのスープです。台湾で一番有名な砂鍋魚頭と言っても過言ではありません。

 

家は大人数で行ったので、このサイズです。売り切れていなければ頭半分だけ、小さいサイズの魚、魚の肉だけなど選ぶことが出来ます。

 

火雞肉飯もおすすめ

f:id:UB610:20200716114934j:plain

砂鍋魚頭の他には、「火雞肉飯」も有名です。お肉が柔らかく、肉の臭みもなく、本当においしかったです。また食べたい!

それ以外には、茹でた野菜やお肉を醤油につけて食べるようなメニューがそろっています。こんな感じのお料理です。

f:id:UB610:20200716114811j:plain


 

嘉義と火雞(七面鳥

「火雞」というのは七面鳥のことをさします。嘉義=雞肉飯と思っていましたが、実は嘉義で食べられているのは雞=鶏肉ではなく火雞=七面鳥ということを初めて知りました。なぜ嘉義七面鳥なのかというと、第二次世界大戦後にアメリカ軍が嘉義に駐留したそうです。そして、食料として七面鳥が持ち込まれました。当時一般人はにわとり(鶏肉)を手に入れることが容易ではなく、個体としても大きく、安価で栄養価の高い七面鳥を鶏の代わりとして調理したそうです。このような経緯から、嘉義では七面鳥を使った「火雞肉飯」が食べられるようになったということです。

ちなみに台北で「嘉義鶏肉飯」として販売されているものは正式には「雞絲飯」ということです。雞絲飯はそれはそれでとてもおいしいですが、嘉義の火雞肉飯は嘉義でしか食べられないこともあり、特別おいしく感じました。

 

お店の雰囲気とスープの継ぎ足し

f:id:UB610:20200716114911j:plain

お店は程よく雑多で、程よくきれいです。

「台湾でご飯を食べている」という気持ちを味わえるとてもいいレストランだと思います。そして、砂鍋魚頭は一度頼むとスープの継ぎ足しOKです。スープを飲み終わってしまったら、自分で鍋を表のキッチンに持って行くとスープを足してもらえます。スープだけが足されるのかと思いきや、忙しいので結構おおざっぱに具も一緒に入れてもらえました。そして、飲み切れない場合、また鍋をキッチンに持って行くとスープの持ち帰りが出来ます

 

林聰明沙鍋魚頭は予約不可の店

f:id:UB610:20200716115000j:plain

 

このお店は予約を受け付けていません。当日その場で番号を引き、順番待ちをします。店内はかなり広く、一つの建物だけでなくこのお店一帯がレストランの席なので回転はわりと速めです。

 

f:id:UB610:20200716114746j:plain

私はこの日食のイベントの時に行ったので、同じように嘉義に泊まった人達がたくさん来ていて、夕方5時半に行っても1時間半待ちでした。週末や連休に行く場合には時間をずらしたり、早めに番号を引きに行くことをおすすめします。店の隣は夜市なので、ふらふらしながら時間をつぶすことができます。

 

林聰明沙鍋魚頭のインターネット販売

このお店は公式のサイトで、冷凍の鍋のネット販売もしています。が、現時点では2か月待ちです。今日申し込んでも届くのは9月中旬という盛況さです。いかに台湾の人に愛されているかわかりますね。という私も、あのおいしさが忘れられず、またネット注文してしまいました…。届くのを楽しみにしている今です。

台湾在住でご興味のある方はお試しください。

 

嘉義は観光地としてそこまで有名ではありませんが、フリープランで阿里山に行く場合には利用するという方も多いかと思います。私としてはこの店に行くためにまた嘉義に行きたいと思うほど好きな店でした。

 

 

林聰明沙鍋魚頭

中正総店:嘉義市東区中正路361號(近文化路口) 

営業時間:月曜~日曜 12:00~22:00

光華分店:嘉義市東区光華路122號

営業時間:月曜~日曜 12:00~22:00

電話:05-2270661