ニーハオTaiwan

台湾現地妻による台湾情報ブログ

MENU

子連れにもおすすめ!基隆港発Majestic Princess(盛世公主號)で行く石垣島の旅

豪華客船の旅に行ってきたので、その感想をご紹介します。

今回私が乗ったのは、台湾基隆港発石垣島行き2泊3日のコースです。

半年ほど前から予約し、子供とともに楽しみにしていた旅でした。

今回私が乗ったのはMajestic Princess(盛世公主號)です。

 

 

Majestic Princess(盛世公主號)の旅

f:id:UB610:20190430160849p:plain

 

 

クルーズ船の予約

 

基隆港から出るクルーズ船は、台湾の各旅行代理店で申し込みができます。


【唯有公主 超越想像】Yes, Princess! 公主遊輪給你最棒的遊輪假期!

 

日程

1日目 19:00 基隆港出航

2日目  7:00 石垣島到着 (日本時間)

    19:00 石垣島出航 (日本時間)

3日目  7:00 石垣島到着

 

価格

クルーズ船は高価だろうと思いがちですが、料金には食事や宿泊代金も含まれています。移動手段+ホテル+3食が付いているので、むしろ時期によっては飛行機の旅行よりも割安になることもあります。

石垣島の3日間の旅の場合、一番安い窓のない部屋は一人21900元、4人部屋の場合
2人まで29,900元、3人目、4人目が7900元ずつというような値段設定でした。プリンセス号の料金は子供も大人も変わりはありません。

 

年齢

赤ちゃんは6か月以上、妊婦さんは24週以降、年齢95歳以下搭乗可能など、船や目的地までの長さによって規定が変わるので、予約の際に確認する必要があります。そして、医務室はあっても出航後は海の上で医療設備は万全ではないので、健康に問題がある場合には主治医に確認したほうがいいと思います。

 

 

Majestic Princess號に乗船

乗船手続き

f:id:UB610:20190430160727p:plain

 

基隆港から乗ったわけですが…。実は乗船の手続き、これが一番疲れました。

写真は基隆港の外で手続きを待つ列に並ぶ様子です。

流れとしては、荷物を預ける→乗船の手続き(クレジットカードの登録など)→手荷物検査→出国手続きというもので飛行機の手続きと似たようなものでした。

f:id:UB610:20190430160741p:plain

 

荷物は自分で持って行っても、預けることも可能です。飛行機のような大きさの制限はありません。預ける場合にはスーツケースに旅行会社が作ってくれる部屋番号と名前が書いてあるタグをつけておくと、手続きして乗船したときには部屋の前に置いてありました。よくよく考えると、荷物は盗難される可能性はゼロではないので、高価なものが入っている場合には自分で運び入れるのでも大丈夫です。

 

f:id:UB610:20190430160757p:plain

 

乗船の手続きはカウンターが20近く設置されているのですが、3000人以上の人が乗り込むため、長蛇の列ができます。私の乗った船は出航は19時予定で最終の手続きが17時というものでした。11時から手続き開始で13:30頃に港に到着したので、待ち時間のピーク。並び始めてから乗船までに2時間半並びました。

これからもし基隆港から乗る場合には、手続き開始前に並ぶか、手続き終了間際に行くことをお勧めします(終了時間前までに到着していれば、受け入れてくれるそうです。)中途半端な間の時間に行くと長時間並ぶ羽目になります。乗船後から遊べるので、おすすめは手続き開始前に行って並ぶことです。

 

乗船時にはパスポートは船側預かりになります。

 

船内の様子

免税店、有料レストラン、無料のレストラン(ビュッフェスタイルや洋食レストラン)カフェ、バー、劇場、スポーツジム、プール、カジノ、キッズプレイルームなど、施設は船ごとに微妙に違うとは思いますが、遊びきれないくらいいろいろな施設があります。屋外にバスケットコート、卓球コートや運動器具もありました。

f:id:UB610:20190430160802p:plain

f:id:UB610:20190430160818p:plain

f:id:UB610:20190430160826p:plain

f:id:UB610:20190430160906p:plain

f:id:UB610:20190430160912p:plain

マジシャンによるマジックショー



部屋の様子

部屋は値段によってランク分けされています。窓のない部屋もあればスイートルームまで。予算と希望によって部屋を選ぶことが可能です。私が泊まったのは4人部屋の中では一番安い部屋でした。シングルベット2台に、ソファーベットが一台、天井から降ろすようなベッドが一台。昼間はベッドをしまってくれ、食事中に二段ベッドのように設置してくれました。ホテルほど広くはないですが、ベランダ付きで広さも十分でした。

 

f:id:UB610:20190430160808p:plain

f:id:UB610:20190430160814p:plain


アメニティーや備え付けなど

部屋には冷蔵庫はありますが、中には何も入っていません。ペットボトルの水は4本だけ無料でそのあとは有料でした。レストランなどでもらう水は無料です。浴室の備え付けは、ボディーソープとリンスインシャンプー、ローション、綿棒などはありますが、なぜか歯ブラシは有料ですので、持って行く必要がありました。トイレは新幹線や飛行機のような吸い込む式の水洗トイレなので、小さい子はトイレを怖がるかもしれません。

 
食事

これも船によってレストランの種類は変わると思います。私の乗ったMajestic Princessは、予約の際に夕食の時間を17:30か19:45分かを選び、その時間にレストランにくというものでした。ビュッフェスタイルのレストランまたは洋食中心のレストランが選べました。ドリンクは有料ですが、スタッフのサービスもよく、ステーキやお魚もおいしかったです。朝食は好きな時間に行って食べるというもので、24時間やっているカフェもあり、パンやサンドイッチクッキーは食べ放題、ドリンクは有料というものでした。というわけで・・・船の上でも食べるものには困らず、太れます(笑)

 

スタッフ

f:id:UB610:20190430160955p:plain

 

船内のスタッフはほとんどが英語と中国語を話すスタッフでした。乗船前はスタッフが何人なのかということは考えもしなかったので、ちょっと驚きました。今回は日本語を話すスタッフはゼロでした。調べてみたら、日本発着の場合には、日本語スタッフがたくさんいるようです。出発地に合わせてスタッフが変わるのかもしれません。

 

船内での支払いについて

乗船手続きの際にクレジットカードを登録し、ルームキーを作ります。船内ではそのルームキーを使って本人確認や料金支払いの手続きをします。船内では現金は一切使用しません。(子供は親のクレジットカードを登録可能)チップは払う必要がないのですが、サービス料を客室により1日13ドルから15ドル程度かかります。(登録しているクレジットカードから支払われます)

 

バリアフリー

今回家族の中には車椅子の人がいたのですが、車いすのかたは優先乗船が可能です。また、船の中にはほとんど段差がなく、エレベーターも完備されているので、行動が不便な人でも乗船可能です。

 

 

 船酔いについて

船が揺れているのは体でわかりますが、船自体がかなり大きいので、酔うほどではありません。子供はわりと車酔いするほうなのですが、具合が悪くなることはありませんでした。

 

石垣島に着いてから

クルーズ船では船から降りずに船の中でのんびり過ごすという選択肢もあります。個人的にはそれもいいと思います。

 

入国審査

(台湾からなので、日本入国という意味です)
石垣島の場合は入国審査官が5~6人ほど乗船してきて、船内で入国審査をしていました。手続きはスムーズです。5分ほど待っただけでした。

 

船から降りる方法

石垣島の場合、Majestic Princess號は大きすぎるので、港近くの海上に停泊し、石垣港までは小型船でピストン輸送で乗客を降ろすというシステムでした。乗船の長蛇の列を想像し、さぞかし時間がかかるだろうと思っていたのですが、船から降りるのは簡単でした。その後の乗り換えの船もスムーズで、手続き開始から石垣港到着まで40分ほどでした。船から降りられる時間は部屋ごとに決められていて、乗船時に部屋に配られる紙にその時間が記載してあります。しかし、それ以前に船から降りたい場合にはサービスカウンターに伝えることでいつでも船から降りることが出来ます。

 

石垣島観光

石垣島では商店街でのお買い物や別な島への観光、石垣島でのツアーの参加など、自由です。船は7:00には港に着きますが、最初の輸送船の出発が7:15なので、そこから船で約20分、一番早くて8:00からのツアーの参加が可能だと思います。ちなみに、船が出航するのは19:00ですが、輸送船の最終便は17:00なので、それ以前に港に戻る必要があります。

 

私の場合…

私は子供が釣りをしたいというので、石垣島で海釣りに連れて行ってくれるツアーを申し込んでおきました。時間も2時間でちょうどよく、面白いほどに魚が釣れたので、こどもが喜んでいました。

f:id:UB610:20190430161005p:plain

f:id:UB610:20190430160908p:plain


 

基隆港到着後

f:id:UB610:20190430161017p:plain

船から降りるのは驚くほどスムーズです。荷物を預けたい人は前日の夜10時までに廊下にスーツケースを出しておきます。スタッフが事前に回収してくれ、港に着いた後に並んでいるスーツケースから自分で受け取ります。

部屋ごとに降船時間が決まっていて、事前に集合時間と場所を記載された紙が配られるので、その時間にその場所に行けば降船できます。(私は別な部屋の家族と一緒におりたかったので、勝手に別場所に集合しましたが、特に問題なかったです)部屋のセクションごとに船から降りる時間が決まっていて、清掃スタッフがそのセクションごとに掃除をしていくシステムのようなので、あんまり部屋に居座ると迷惑なお客さんになるかもしれません。

 

台湾の入国審査を受け、荷物を受け取り、手荷物検査を受けて旅は終了です。

 

自分の感想

クルーズ船の旅は老夫婦が定年後に行くものというイメージがありましたが、今回イメージが変わりました。カジノやパブなど、確かに大人向けのサービスが多いことは確かですが、プレイルームやプールもあり子供も十分に楽しめます。家の子供は大興奮でした。プールで遊び、夜食やおやつを食べたり、ショーを見たり、普通の週末に非日常を味わい、「船から降りたくない」と言っていました。親としても、限られた船内でいろいろな施設を楽しむことができるので、楽でした。部屋の防音もよく、ベランダのドアを開けていなければ隣や廊下の音は気になりませんでした。

乗船時の混雑は今後の改善を期待します。船内はインターネットが有料で、船内のみ使えるLINEのような機能のみなので、通信機能が不便に感じました。

旅行に行きたいけど飛行機で子供が騒ぐのではないかなどど不安な場合には、クルーズ船の旅おすすめですよ。移動中しながら楽しめるので、おじいちゃんとおばあちゃんと3世代の旅にもおすすめです。