ニーハオTaiwan

台湾現地妻による台湾情報ブログ

MENU

屏東:鵝鑾鼻公園と台湾の最南端と

こんにちはUBです。

 

今日は台湾の最南端に行く方法をご紹介します。といっても…実は私は最南端には行ってないのですが…。子供中心の旅をすると、楽しい旅にするために諦めなければならないこともあります…よね…。

最南端の一歩手前までは行くことができたので、そのスポットを中心にご紹介します。

 

屏東:鵝鑾鼻公園と台湾の最南端と

鵝鑾鼻公園

f:id:UB610:20200909120913j:plain

 

屏東県・恆春にある鵝鑾鼻公園は整備された芝生が広がっています。芝生の脇に歩道があり、少し坂道を登っていくと灯台があります。駐車場から灯台までは大体10分くらいです。

 

f:id:UB610:20200909120936j:plain

この灯台は中に入ることはできないので、眺めるだけで写真を撮るスポットになっています。

 

というと、行く価値がないようですが、灯台がある場所は少し高台になっていて、見晴らしがいいので、景色が素晴らしいです。

せっかく台湾の南まできたなら、ここは見学して損はないと思います。

 

しかし、公園内は日陰になる物がないので、日傘など日よけになるもの、汗拭きタオル、水分補給の水も必要です。

 

私たちは駐車場の入り口で新鮮椰子の実ジュースを飲みました。

南国に来た気分になりました。

f:id:UB610:20200909121028j:plain

鵝鑾鼻公園の基本情報

住所:946屏東縣恆春鎮燈塔路90號

 

 

営業時間:1-3月、10-12月  

     07:00AM~05:30PM
     4-9月 

     06:30AM~06:30PM

チケット:大人 60元 子供 30元

駐車場料金:大型バス NT$60  小型車 NT$40 バイク NT$10

 

 

台湾の最南端

(台湾最南端の碑 - Fun2TW Travel Websiteこちらのサイトに日本語で詳しく紹介されています)

 

台湾の最南端は鵝鑾鼻公園からすぐの場所にありますが、最南端に行く歩道のある駐車場まで車で移動する必要があります。

 

私が今回最南端に行かなかった理由は、最南端へ行くには駐車場から15分ほど歩く必要があるからです。夏の暑い時期で子供たちが歩くのを嫌がると思ったので、今回はコースに入れませんでした。

 

でも、せっかくここまで行ったら、普通は最南端まで行くべきだと思います!

暑い昼間よりは、夕方に行く方がいいようです。

 駐車場は一回の停車で50元です。