ニーハオTaiwan

台湾現地妻による台湾情報ブログ

MENU

子供と一緒に楽しむ台湾の昆虫関連情報!施設や散策路をご紹介

家の子供は昆虫が大好きです。管理人UBは田舎育ちなので女ですが、虫は全然怖くなく、むしろ好きな方なので、子供たちの虫関連は私が担当です。いろいろ調べたりしながら昆虫関係には詳しくなったつもりです(マニアックな話題は無理ですが…)。今日は台湾旅行の際や台湾で虫好きの子供を育てるうえでのお役立ち情報をお伝えします。

 

台湾昆虫関連情報

 

f:id:UB610:20190523114131p:plain

主な昆虫の中国語名

昆虫                         昆蟲     kūn chóng 

甲虫類の総称   甲蟲   jiǎchóng

クワガタ     鍬形蟲      Qiāo xíng chóng

カブトムシ    獨角仙    Dú jiǎo xiān    

バッタ      蝗蟲   huáng chóng

テントウムシ   瓢蟲        Piáo chóng

ちょうちょ    蝴蝶        Húdié

とんぼ      蜻蜓        Qīngtíng

 

 

昆虫関連スポット(基本的に中国語のみの施設です)

台湾昆虫館

f:id:UB610:20190523154350j:plain

昆虫や生き物が好きな子ならここはかなりおすすめです。2009年に設立されたNGO法人が経営しています。参観は無料で、ヘラクレスギラファノコギリクワガタ、虹色クワガタなど、各種人気の成虫や幼虫が販売されています。そのほかにもウサギやカメレオン、カメなどが飼育されていて間近でみることができます。

昆虫の飼育相談やゼリーなどの各種販売もしているので、昆虫関連グッズを買うことも可能です。

講師の先生たちは大学の昆虫科を卒業した人たちがそろっていて、とても専門的なのに加えて、子供にとてもやさしい方々ばかりです。昆虫館内での動物の説明や、蛍見学ツアー、公園散策ツアーなど様々な企画があり、インターネットでも申し込みが可能なので、参加してみてはいかがでしょうか。

 昆虫館のすぐそばには富陽生態公園という公園があり、そこでも蝶やトンボなど虫の観察ができます。

 

 

MRT麟光駅のすぐそばです。

 

 

オプショナルツアーを販売しているkkdayでは昆虫館の生き物観察教室のツアーがあります。

kkday:台北昆虫館生き物観察教室

台北市立成功高級中学胡蝶宮昆虫科学博物館

高校の中に昆虫の標本が展示してある施設です。甲虫よりもちょうちょの標本がたくさんあります。無料の施設なので、こどもを連れて行って参観するのもおすすめです。平日は校外学習などで一般公開していなく、主に土曜日のみの一般公開なので、HPで開館日をチェックしてから訪問するのがおすすめです。

 

 

ショップ

木生昆虫館

f:id:UB610:20190523152346p:image

 

南投に本館がある木生昆虫館ですが、台北小さな昆虫ショップを開いています。ここのオーナーはおばさんなのですが、昆虫愛がある優しい方です。各種昆虫や蝶の標本、昆虫関連グッズを販売しています。昔からあるお店で、台北の昆虫好きの人は必ずと言っていいほど来店したことがあるらしく、お店に行くとオーナーだけでなく、昆虫好きの方々が集っていて、飼育方法を教えてくれます。昆虫の飼育に困ったら相談に乗ってくれます。上記の写真通り営業時間は午後のみです。

 

今度南投の本館に行く予定なので、行ったら記録を残します。

 

家ではいつも木生昆虫館にお世話になっていますが、そのほかにもショップはあります。

 

蟲磨坊
 虫林野售甲虫工作室

 など

 

昆虫を観察できるスポット

台北は盆地で山に囲まれているので、意外と昆虫が観察できるハイキングコースがあります。私が行ったことがある範囲でご紹介します。

 

芝山岩親山步道

f:id:UB610:20190523152404p:image

芝山巖惠済宮 というお寺の周りが散策できるようになっています。散策したときは甲虫に会えなかったのですが、ここに甲虫はいるそうです。この散策路は平たんな道がおおいので、3歳くらいの子でも歩けます。

 

</p

碧湖親山步道

f:id:UB610:20190523114413p:plain

 

MRTからも近く、あるきやすい散策路です。家の子が4歳のときに行きましたが、全部自分で歩きました。我が家が行ったときにはトカゲやカマキリ、トンボ、クワガタ、蝶がいました。夜間はライトアップしているので、夜の観察も可能だそうです。ここには台湾昆虫館の親子散歩イベントで行きました。下の写真はそのときの様子です。

 

f:id:UB610:20190523152422p:image

 

 

<

虎山親山步道

 

f:id:UB610:20190523114334p:plain

信義区からほんの10分の距離なのに、ここの散歩道はおすすめです。ホタルやカブトムシ鑑賞、夜景やけしきもきれいな場所です。山全体に散歩道が整備されていて、歩きやすいです。登山口にある松山慈恵堂は媽祖のとても大きくきれいなお寺です。

 

f:id:UB610:20190523114211p:plain

f:id:UB610:20190523114324p:plain

 

 

絶対に甲虫に会えるほんとは教えたくない穴場スポット

木柵動物園

f:id:UB610:20190523114207p:plain

木柵動物園の中で実はヒラタクワガタに出会えるスポットがあります。といっても昆虫館ではありません。昆虫館にはちょうちょがたくさんいて観察できます。そして秘密のスポットは、昆虫館の奥に散歩ができる道があるのですが、少し奥に歩くと果物が発行した匂いがする場所があります。動物園が発行した果物をつるし、野生の状態の蝶やクワガタを観察できる場所です。動物メインの動物園で、散歩道を歩く人はあまりいないので、休日でも人は少ないですが、ヒラタクワガタを観察することができるスポットです。5月中旬の今、もうヒラタクワガタがいました。これから夏にかけて観察できますよ。

f:id:UB610:20190523152443p:imagef:id:UB610:20190523152450p:image

このかごのまわりにヒラタクワガタやちょうちょがいます。

 

小人国

 

f:id:UB610:20190523152509p:image

台北からは離れますが…小人国は遊園地ですが、6月~10月に入り口の木にカブトムシがいます。昼間でもカブトムシが活動していてカブトムシを間近でみることができます。家の子はカブトムシの木に1時間費やしました…。虫好きの子を連れて行くと、遊園地にプールにカブトムシに大満足の一日を過ごせると思います。台北市内からもバスが出てまいますよ。

 

おすすめの書籍

 

この昆虫のDVDは虫好きの私でも気持ち悪いと感じる映像が満載ですが、虫好きの子供たちは見入っています。

 

クワガタ・カブトムシの飼育方法が詳しく乗っているので、飼育の参考にしています。

 

 

あまり需要はないかもしれませんが、虫好きのお子さんは少なからずいるものと思います。台北は都会ですが、すぐそばに散策路や施設があるので、親子一緒に観察や飼育をしてみるのもいいのではないでしょうか。

 

我が家のヒラタクワガタです。

台湾昆虫館で無料の飼育講座でもらった台湾ヒラタクワガタを飼育、繁殖させて、最近成虫になりました。飼育初心者なので、木生昆虫館で飼育方法を指南してもらっています。

f:id:UB610:20190523152529j:image